サンダ再び!

JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの趣味
   
前回までは長い間が出来てしまっていたが
今回は思っていたより早く記事にすることが出来た。
前の記事に取り上げたガイラより1、2ヶ月後に発売された
「ゴジラ特撮大百科 フランケンシュタインの怪獣サンダ」
ガイラ同様に完全新規造型で特撮大百科に再登場。
ガイラとスケールを合わせているので結構なボリュームだ。
(設定ではガイラ25メートルに対しサンダ30メートル)
マスクを忠実に再現しているとみえて窪んだ目は黒く彩色されている。
よく見ると歯の一本一本、下唇、手足の爪も丁寧に塗られている。


   
   
本能のままに相手を威嚇するガイラのポーズとは逆に、
暴走する(?)ガイラを諌めるかの様に手を差し伸べた造型。
ともすれば単純に茶色のイメージしかなかった身体も
体毛とそれに混ざった松カサ状の部分とが重ね塗りにより
色分けされており地味なキャラクターに華を添えている。


「サンダ対ガイラ」劇中では暴れまわるやら
自衛隊の攻撃にあうやらで存在感を示したガイラに比べ、
幼いころ人間に接触したため自らその身を隠して過ごして来た
サンダは派手な場面もなくキャラクターとしても少し薄味。
しかし「情」で動くこのキャラクターを変化しないマスクで
表現をした演出は凄いと思う。
メーサーにより火傷を負ったガイラを介抱する姿、
人を食べたガイラに対し怒りをあらわにした場面、
街を破壊しながら逃げ回るガイラを止めるよう説得する姿など、
見方によっては感情移入せずにはいられない怪獣だ。
中でも崖から落ちそうな水野久美さん演じる戸川アケミ嬢を
助けに現れたサンダの足に落石が当たるシーンは本当に痛そうだった。

劇の終盤で説得を諦めたサンダはガイラと戦いながら海へと移動してゆく。
やがて海底火山の噴火に巻き込まれて消滅するのだが、
これが偶然では無く、現在の世界は自分たちの棲むべき場所ではないと
悲観をしたサンダが自ら同属とともに死を選んだのだとしたら
なんとも切ないフィナーレだ…
人と交わり「情」がうまれたばかりに。
 
0

    新春ガイラ

    JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの趣味
    遅ればせながら、
    新年明けましておめでとうございます。
    そして更新を楽しみにしておられる数少ないお客さま、
    お久しぶりでございます。長い事休部状態ですみません。
    本年ものんびりと続けていく所存ですので、
    よろしくお願いいたします。

    本来なら昨年秋に挙げるつもりでおりました、
    CAST社製「ゴジラ特撮大百科 フランケンシュタインの怪獣ガイラ」
    本年の一発目にもってきました!
      
    どうです。結構いい面構えでしょう!?
    以前「特撮大百科DELUXE」でもラインナップ済のガイラ。
    再販の記載もなく新製品としてのリリース。
    えっ、またガイラ?と思わなかったと言えば嘘になる。
    が!届いてみれば新造形。下顎の牙も怖いくらいに鋭い。
      
       
    「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」劇中、
    最大の見せ場(?)陸上自衛隊による「L作戦」により、
    火傷の傷も痛々しい身体を再現。
    多くの怪獣のように電飾で光らず役者の目を生かした
    ガイラのマスクを意識して奥に窪んだ目を黒く彩色している。
    二次元キャラのフィギュアのように彩色されていた
    「DELUXE」版の目とは違い照明の当て方で豊かな表情が楽しめる。
    写真で表現できれば良かったが上手く撮れなかった…。
    海で育ち、体毛と一緒に全身を覆う鱗もバランスがいい。
    多毛の怪獣はなかなかフィギュアで作り辛いと思うし、
    受取る側も人により評価がさまざまだと思う。
    自分的にはこのサイズでこの完成度なら十分。
    機会があったら是非実物を目にして欲しい一体だ。

    自分が購入したのはこのガイラのDELUXEセットで、
    本体より大きな丸の内ビルのベースが付いている。
    街路樹や街灯を取り付けなければならず
    仔ガッパが誕生した現在となってはじっくり作業出来ない…。
    後に発売された「サンダ」が届いたら記事にしようと
    呑気に構えていたらとっくにサンダは届いている。
    近いうちに紹介しよう!と思いつつも…

    ※現在は完成させて店頭に飾ってあります。
    時間ができたら写真を撮る予定です。
    しかしジオラマを組む際のサンダの補助ベースが見当たらず…
     
    0

      闇に光る道の始まり 「光るゴジラ!」

      JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの趣味
       「ヒートアップゴジラ」からさらに遡り

      1993「ゴジラVSメカゴジラ」の上映館での

      入場者プレゼントが「光るゴジラ!」

      蓄光製の塩ビ素材で出来たミニフィギュアだ。

      種類は全15種で各個体それぞれに

      黄緑、黄、白、赤の4種類が存在する。

      自分が知る限りではこの形態では最初のフィギュア

      同時期に発売された「ゴジラ大決戦」に比べると

      リアルタイプの成型を目指していたのが分かる。

      持余している方が多いのか何故かたくさん集まってきた。

      因みに「ゴジラバトルフィールド」と同じく

      赤いフィギュアの光り方だけとても弱い。







       

      ラインナップは…

      ゴジラ、ベビーゴジラ、ファイヤーラドン、

      メカゴジラ、スーパーメカゴジラ、ミニラ、

      ガルーダ、キングギドラ、メカキングギドラ、

      モスラ成虫、バトラ成虫、バトラ幼虫、

      ビオランテ、ガイガン、旧メカゴジラ。

       

      アスキー・メディアワークス刊「平成ゴジラパーフェクション」

      によれば翌年に食玩「ゴジラ誕生」と銘うって発売されたとあるが、

      確かにリリースはされたが全12種類と
      ラインナップは縮小されていた。

      バンダイキャンディートイのHPでパッケージを見ることは出来るが

      画像が小さいのと荒いのでラインナップが調べられない。

      もののついでにネットで探してみたりするのだけれど

      たどり着けずにいまだ宿題のまま残っている
      0

        熱くなれ! 『ヒートアップゴジラ』

        JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの趣味
         ついでに、と言ってはなんだけど

        前回同様1995年の商品を紹介。

        販売されたものでは無く「ゴジラVSデストロイア」

        上映館にて入場者へ手渡されたミニフィギュア、

        「ヒートアップゴジラ」15種だ。

        原型は概ね1993年の「光るゴジラ」からの流用。

        「光るゴジラ」でラインナップされていた

        昭和ゴジラシリーズのキャラが姿を消し、

        オール平成VSゴジラシリーズのキャラで編成。

        記憶にはないが上映劇場内には当商品の

        ガシャポンも設置されていたらしい。


            

        ピックアップした画像のように

        「ゴジラVSデストロイア」劇中のメルトダウン寸前の

        真っ赤になったゴジラから発想をした商品なのだろうか。

        ラドンもファイヤーラドンへの変身を連想させる。

        さらにあと約10年後にはファイヤーモスラなんて

        楽しみ方が出来るなんて当時は考えもしなかったろう。





         

        ラインナップはゴジラを始め、

        デストロイア、同飛行形態、スペースゴジラ、モゲラ、

        リトルゴジラ、スーパーメカゴジラ、ファイヤーラドン、

        モスラ成虫、同幼虫、バトラ成虫、同幼虫、

        キングギドラ、メカキングギドラ、ビオランテの全15種。

         

        1995年当時はまだコレクションとかフルコンプなどの

        意識は無く、ただ手元の物だけを取っておくくらいだった。

        既にいい大人であったグループ数人で「VSデストロイア」を

        観に行った際に入場口でお姉さんに一人ずつ手渡された。

        照れ隠しか、中の一人が「ホレ、お前にやるよ」と

        言い出すと他の連中までもが「やる」「やる」とよこしだし、

        その場で数種類が集まってしまった。

        あとは毎度同じ流れ。どこかで見かければ買い、

        10年以上の時を経てやっとこ全種類コンプできた商品だ。

        もちろん「全部集めてやろう!」と思い始めたのは

        随分と後になっての事だった。

         

        0

          戦場は円形劇場。「ゴジラバトルフィールド」

          JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの趣味
          ここのところ続けて記事にしているバンダイ500円食玩。

          今回は「ゴジラVSデストロイア」の公開に合わせて

          1995年に発売された「ゴジラバトルフィールド」を紹介。

          このセットの特色はいろいろなパターンの型が流用されている事。

          ある意味ではゴジラミニフィギュアの「怪獣総進撃」なのだ。
          そして映画パンフ等で「限定発売!!」と謳われているが、
          何をさしてだかは不明。

                

          この「ゴジラバトルフィールド」もABセットの全2種。

          各セットは半円のジオラマベースとフィギュア13体。

          両方揃えばまるでピザのような円形のベースになる。

            
            
          セット内容は、

          Åセット ゴジラA デストロイア エビラ メガロ メカゴジラ

          ゴジラB アンギラス ガルーダ モスラ成虫 キングギドラ

          モゲラ ベビーゴジラ

          Bセット ゴジラ デストロイア飛行形態 キングシーサー

          ヘドラ スペースゴジラ リトルゴジラ バラゴン モスラ幼虫

          ガイガン 旧メカゴジラ ファイヤーラドン メカキングギドラ

          バトラ成虫

          画像はベース上に乗せられる分だけを乗せて撮影した。

                  

          この商品のフィギュアはカテゴリー分けで紹介。

          上の3体は今まで書いてきた「ゴジラ大決戦」からの流用。

          明るい水色成型色での連続登板だ。

             
                 
           
          そしてこちらのグループは

          1993年「ゴジラVSメカゴジラ」の入場者プレゼント

          「光るゴジラ」から。赤いフィギュアは蓄光剤使用とあるが

          暗くなってもあまり光らない…。

           

          特別なのはこの2体のギドラ。

          成型はどうみても「光るゴジラ」の流用なのだが

          パーツの分割箇所が違いこちらは首を取付ける仕様。

          (「光るゴジラ」では翼が別パーツ)
          後の「モスラ誕生」の際には「光るゴジラ」と同じ。

                

          このエビラ1体のみ「ゴジラ宣言」と同じ。

            

          新怪獣デストロイアは上映館での入場者プレゼント、

          「ヒートアップゴジラ」と同じ型を使用。

          完全体の方は「モスラ誕生」でも使用される。

           

            
                
           
          そしてこちらのグループは「バトルフィールド」の為に

          新たに成型されたものと思われるが、わからないのが

          デストロイアが「ヒートアップゴジラ」と同じであるのに

          上記の流用されたもの以外の2体のゴジラと

          スペースゴジラ、リトルゴジラ、モゲラ、モスラ幼虫は

          「ヒートアップゴジラ」のものと別の成型なのだ。

          その後「モスラ誕生」以降、蓄光塩ビフィギュアとして

          スペースゴジラとモスラ幼虫はこの型が生き残ってゆく。

           

          いろいろ手元に集まってきたミニフィギュアの中に

          「バトルフィールド」内のゴジラ、バラゴンの蓄光フィギュアがある。

          そして首が別パーツのメカキングギドラも。

          調べてもこれらの正体がまるで掴み取れない。

          塩ビ怪獣の世界。まだまだ奥が深そうだ…。

           

          0

            << | 2/26PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            profile

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM