ヌアイ・ルアフ・ネウ・イアフ〜(命あるかぎり、望み捨てず)

JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの趣味
1996年末、映画「モスラ」公開当時に発売された
卵型カプセルに収められた食頑「モスラ誕生」
それから二年後の1998年。
映画モスラシリーズ3作目「モスラ3 キングギドラ来襲」が公開。
と同時に卵型食頑も再び発売、その名も「モスラ登場」
 パッケージ
すっぽりと卵が納まった前シリーズとは違い
写真のような簡易的なパッケージに変更。
商品名に載っていないゴジラの方が堂々と中心に。
卵も薄っすらと透け気味になったので店員さんの
冷ややかな視線が気にならなければ中身を選べたかも?
細かい事ではあるがエッグスタンドも小さくなっていた。
すべて価格を据え置きの100円(税抜)に抑えるための努力なのか。
レインボーモスラ キングギドラ
「モスラ2」の時には発売されなかったので
「2」より登場した「レインボーモスラ」は新規造型のよう。
そして「3」の対戦相手として客演した「キングギドラ」
もちろん新造型。小さいながら真ん中の首と左右の首との
角の形が作り分けられている。やはり金色が似合う。 

モスラ水中モード
鎧モスラ
そしてこちらも「2」より、「水中モードモスラ」
さらには「モスラ3」初登場の新形態「鎧モスラ」

幼虫モスラ
モスラの中で「モスラ幼虫」のみ
食頑「ゴジラバトルフィールド」以降お馴染みの型。

白亜紀型キングギドラ
「モスラ3」劇中において新設定の目玉といえば、
この「白亜紀版キングギドラ」だろう。
一億三千万年前の地球にやって来ていて恐竜を絶滅させていた(!)。
現世の奴が強すぎるから若いうちにやっつけてやろうとばかりに
過去へとタイムワープしたモスラだったが、なかなかどうして
若い頃から手強い奴だった。さすがは恐怖の大魔王だ。

アメリカ版ゴジラ
1998年といえばもう一つ。
あの迷作ハリウッド版「ゴジラ」の公開年でもあった。
そんな訳でこの「アメリカ版ゴジラ」もラインナップ入り。
型は同年発売の食頑「ゴジラアイランド」のものと同じ。
このゴジラも含め初ラインナップ入りしたキャラは金色。
他に赤クリアのものも持っているのでその2パターンか?。

ゴジラメカゴジラ スペースゴジラ
全10種のうち残り3種は過去商品から流用されてきた各ゴジラたち。
「光るゴジラ」から長きに渡り頑張ってきた「ゴジラ」「メカゴジラ」
食頑「ゴジラバトルフィールド」にラインナップされいた「スペースゴジラ」
モスラとキングギドラでもかなりのインパクトとは思うのだが、
チビッ子のハートを掴むには心許なかったのだろうか。
モスラ幼虫を含め流用組は銀色成型が登場。

1993年「ゴジラVSメカゴジラ」の入場者プレゼントで登場した
このタイプの塩ビフィギュア(劇場内限定でガシャ販売もあった)。
最近のムック等では一括りで「消しゴム」と紹介されていたりする。
現段階で私的に確認しているのはこの「モスラ登場」が最末尾。
食頑でも彩色フィギュアが主流になっていた当時、
いくらチビッ子向けとは言いつつも世の流れで仕方なしという所か…。
長きに渡りお疲れさまでしたと心から言いたい。

注記:各怪獣名はパッケージ表記のまま使用。
0

    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2015/06/20 2:13 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM