ウルトラ怪獣500 平成の大怪獣編シーズン2

JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの趣味
今回で「ウルトラ怪獣500」の第2弾発売分もラスト。
ただこの辺りから(特にティガ〜ネクサス)年齢的に
リアルタイムで見ていなかったキャラも出てくる。
本編を見ていないと愛情の深さも違ってくるかも…

     
さすがにこいつは知っている。しかも好きな方。
No25「超古代怪獣ゴルザ」
ウルトラマンティガ第1話の登場怪獣で、
直立歩行タイプの恐竜型怪獣に鎧兜と
プロテクターを身体に装着したような独特なルックス。
いい意味で派手さを抑えていて格好よかった。
しかし「ウルトラ怪獣シリーズ」の時代から
なんかその格好よさが出ていないような気がする…。
頭部と身体を一体型の成形にしているせいか?
新造形という事で今回は期待したのだが…。

      
正直に言うと本編では見たことがない、
No26「暗黒破壊神ダークザギ」
登場した「ウルトラマンネクサス」をまだ見た事がなく
詳しい設定やプロフィールもわからないまま…。
でもウルトラマンギンガ劇場版でメッチャ強かったので
本編でもかなり強いキャラだったと予想できる。
なにせ「神」だし。ルックスも不気味だし。
ソフビは赤ラインの引かれてない箇所あり。
いつものこと。

   
今回のラインナップではラストナンバー
No27「宇宙三面魔像ジャシュライン」
ウルトラマンメビウスに登場した。
コミカルで何処かしらふざけた外見だが
メビウスを黄金像に変えカラータイマーに
ひびを入れたりと結構強い奴だった。
オマケに倒した相手の死体をコレクションするという
趣味の悪さも持っている。
たぶん初のソフビ化で「なんでコヤツが?」と
不思議に思っていたがギンガの後半に再登場。
美鈴、健太、千草の3人が同時にウルトライブ。
下手な百足競争みたいに息があわず
あえなく敗退…オリジナルがかなりお怒りだろう。
こうして今までソフビになったいない怪獣が
商品化されるのはとても楽しい。
でも2014年2月現在、
新たな「ウルトラ怪獣500」発売の声が聞こえてこない。
文句ばかり言ってはいるけどなんか寂しい…

 
0

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM