ウルトラ怪獣500 平成の怪獣編

JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの趣味
今回5回目の「ウルトラ怪獣500の記事は、

平成になってからのウルトラに登場した怪獣を紹介。

ざっくりした括りで場合によって一番大きなカテゴリーかも。

第1段のラインナップ中は2体だけだった。

    

No10「キングパンドン」

ビデオオリジナル作品の「ウルトラセブンEVOLUSYON

ネオパンドンを目にした時、「史上最大の侵略」においての

パンドンデザイン画を意識したかのような双頭怪獣で、

そのにくい演出振りに心が躍った。

そこから後はパンドン登場となるとこの双頭が主流に。

頭にトサカがあるようなネオパンドンに比べ、

頭どころか顔にまでトゲトゲを生やしたキングパンドン。

ソフビではそのトゲが丸みを帯びてヒヨコのような相貌に。

しかも瞳の無い目が吊りあがった悪顔のヒヨコだ。

    

1段発売のラスト、No12「サンダーダランビア」

新番組「ウルトラマンギンガ」初回に登場した

ランンナップ中ただ1体の新怪獣だ。

とは言っても「ウルトラマンダイナ」の登場怪獣、

ネオダランビアにそっくり。関係は分からず。

  
目を引く背中の
4本の突起部は電撃攻撃の為にあり、

そのおかげで岩の塊の様なネオよりも華やかに見える。

ヒカルが変身したブラックキングを追い詰めた実力派だ。

 

ざっとNo01No12(+α)を紹介してきたけれど、

意外と思ったケムール人やラゴンのラインナップ入りは

「ウルトラマンギンガ」登場とあっての事だった。

(ギンガ登場の場合は怪獣名の後に(SD)と付く)

本当に意外性を狙った怪獣怪人の発売はこの後の事。

 

番組内に登場するスパークドールズと同じもので

遊びが出来るなんて今の子供達は嬉しいだろうなぁ。

ある意味撮影用プロップの複製だもの。

ギンガスパークを使い「ボクも○○に変身だ!

とか言ってウルトライブする子多いのかな???

でも炎の中でキングパンドンのスパークドールズを

抱きながら笑う、放火魔のお姉さんの絵にはちょっとひいたナ…

 

0

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM