他の惑星でも脅威な存在だ! 「宇宙ギャオス」特撮大百科

JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの趣味
  

ある夜に明夫という少年が天体観測を楽しんでいた。

そのとき夜空に不思議な飛行物体を発見する。

やがてそれが裏山の森に着陸するのを確認。

明夫は翌日、友人のトムと妹の友子を連れ探しに出かけた。

そして宇宙船らしき飛行物体を森の中で発見。

妹が止めるのも聞かずに中へと入ってゆく二人。

すると飛行物体は二人を乗せたまま再び離陸を始め

空高く宇宙へと飛び立ってしまう。

途中、遭遇したガメラを振切ると見知らぬ星に着陸。

見れば荒れ果てた土地と無機質な建物だけの景観。

するとそこへ大きな鳥のような生物が飛来。

銀色の身体をした怪鳥は口から放つ怪光線で

次々と無機質な建物を破壊してゆく。

この怪鳥こそが宇宙ギャオス。地球のとは体色が異なるが

口からの超音波メスが武器なのは同じだ。

  

キャスト社から発売されている

「ガメラ大魔神 特撮大百科EX 宇宙ギャオス」

1969年公開「ガメラ対大悪獣ギロン」登場のキャラだ。

本来はイワクラ「ガメラ大魔神特撮大百科DELUXE」発売時に

限定で予約を受付けた「大十惑星円盤&第十惑星人」セットの

内容の一部だったのだが特撮大百科がキャスト社に移ったので

単品でも購入出来るように販売形態が変わったようだ。

   

当初は飛行形態の宇宙ギャオスのみの商品だったようだが

単品販売でも見栄えがする様にか手頃なサイズの立姿も

新規造型され、劇中に無い宇宙ギャオスの競演が楽しめる。

因みに飛行形態はイワクラ食玩

「ガッパ・ガメラ・ギララ特撮大百科ver.2」中の

「ガメラ対ギャオス大怪獣空中戦ver.」ギャオスのアレンジ

予約時の広告では食玩同様に口を開いていたのだが、

個別化を明確にする為か閉じた口にアレンジされていた(細かい!)

  

アレンジといえばもうひと商品。

「ガメラ大魔神特撮大百科EX      宇宙ギャオス ダメージver.

宇宙ギャオスの破壊から惑星を守るために

第十番惑星人に番犬のように飼育されているギロン。

ただ傍観しているしかない明夫とトムの前に

地下から姿を現したギロン。向かう宇宙ギャオスの口から

超音波メスが放たれるが頭部のまさかり部分でこれを反射。

哀れギャオスは自分の武器で右足を切断してしまう。

フィギュアでは切断された足のパーツも付属

断面は劇中の通りムラサキ。

余談だが「ダメージver.」にはベースは着いていない

ノーマル版のベースが必要(自立しないので)なのだ。

写真では傾いているけど、これは付属のシャフトが寸足らずのせい。

広告の写真を見る限りではちゃんと直立している。

  

こちらは別に「ハイパーホビー」誌上限定でイワクラから

過去に販売されたピューター製の宇宙ギャオス

時代のせいなのかフィギュアの素材の違いからか、

造型は写真を見てもらっての通り。

ブリスターが黄ばんで見苦しかったので開封したのだが

少しシッポに触っただけで薄皮が剥けるように

ズルッと色が剥がれてしまった(トホホ…)

以後移動させるときには台座だけを慎重に触っている。

  

最後は「ガッパ・ガメラ・ギララ特撮大百科ver.3」より

「大悪獣ギロン 必殺!背面斬り」

地球ではガメラをあれだけ苦しめたギャオスを

いとも容易くザックザックと切り刻んでしまう。

跳ね返された超音波メスで自らの足を切断されるまでは

面白がっていたが、首まで切断されたのには当時ショックだった

おまけに不味そう(臭そう)で肉も食べられないとくると

逆に可哀そうなくらい。ただギロンが強いと思えたのは確か。

考えてみればガメラ映画でライバル同士が戦う

シチュエーションはここだけ。

宇宙ギャオスは残酷ながらも印象に残る怪獣になっていた。

 

身体が銀色なだけで「宇宙」って素直に受け入れられたなんて

なんて大らかで豊かな時代だったのだろう。

予算とか大人の事情なんて考えもしなかったし。

昭和ガメラは子供時代に出会っておいて良かったと思う。

0

    コメント
    立姿の宇宙ギャオス単品欲しいです。でも普通のギャオス単品も欲しいなあ。現在キャストの通販では、扱ってないけど、今後発売されたら買いたいです。
    HGは今一の出来。
    • tirusonia
    • 2012/10/30 6:53 AM
    tirusoniaさまコメントありがとうございます。
    申し訳ありません(汗)。先ほどHPを確認いたしました。確かに通販リストに載っていません!昨年以上前に購入したものなのでてっきり販売済みなのかと…。お教え頂き感謝いたします!!
    • マサユキ
    • 2012/10/30 10:43 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM