ん!?いったい何びき目だ?特撮大百科ヘドラ上陸期

JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの趣味
  
   

キャスト社の「特撮大百科」シリーズで

「公害怪獣ヘドラ上陸期」が発売されている。

現在HPのド真ん中で紹介されているやつだ。

いったい何度上陸するんだ!

と、突っこむ前に注文していた()


 

駿河湾でタンカーを襲撃したり、

調査に向かった海洋生物学者の

矢野徹博士に重傷を負わせた

オタマジャクシまたは海坊主状の怪物は、

海でヘドロやオイルを吸収し成長を続けて、

やがて足を持つと田子の浦市に上陸を果たす。

 

すると今度は工場の煙突にしがみ付き、

出し続ける煤煙を身体いっぱいに吸収、

さらに巨大な身体へと変貌してゆく。

しかしヘドラを追うように海から上陸したゴジラと交戦。

せっかく体内に溜め込んだヘドロは

ゴジラの攻撃により外へとぶち撒けられてしまう。

一方ヘドラもゴジラの放射能熱線を浴び、

核爆発の影響により飛行能力を有するようになる。

  

こちらが以前販売店限定にて発売された

「ゴジラ特撮大百科COMPLETE 
 公害怪獣ヘドラ上陸期 
工場ばい煙吸収ver.

目を開いたものと閉じたものの頭部パーツが2種付属。

パーツ替えで雰囲気がガラッと変わるとくれば、

2つ並べたいと思うのが人情ってもんじゃないですか!?

しかし2個は買えないし…という心の声が通じたのか、

シチュエィションを変えた上陸期の発売は嬉しかった。

煤煙を吸い込み目を閉じるうっとりヘドラと

今回のパッチリ目を開けた四足歩行の上陸期を

心置きなく2体並べて眺めることが出来た。

    

今回ヘドラの画像で一緒に使用したのが「怪獣総進撃」登場の

「ゴジラ特撮大百科 怪獣王ゴジラ1968

ヘドラ上陸期の少し前に発売されたもの。

メーカーさんの写真でも組まされていたので

多分同スケールなのだろう。不明。

後々記事にすると思うのでここでは簡単に。
0

    コメント
    ゴジラとヘドラの対面写真いい感じだと思います。それにしても、イワクラ含めキャストのヘドラは数が豊富。ひょっとしてゴジラの次ぐらいだったりして。
    • tirusonia
    • 2012/09/02 7:09 PM
    tirusoniaさまコメントありがとうございます。数えてはいないのですが実際はヘドラの方が多いのではないでしょうか?例のBOXセットにはたくさんのヘドラが入っていますし。成長期はありませんが…(^^)
    • マサユキ
    • 2012/09/02 10:21 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM