触角宇宙人の新たなる野望

JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの趣味

「帰ってきたウルトラマン」最終話においてゼットン2世を率い
地球に攻撃を仕掛けてきた触角宇宙人バット星人
時を経て別次元の地球に再びその姿を現した。
その地球はウルトラマンの存在しない世界。
彼の手によって集められた怪獣たちにより
絶望のふちに立たされる人間たち…
人々の絶望こそが彼の目的。
絶望の悲鳴を吸収するハイパーゼットンを成長させるため。

バット星人の魔手から逃れた子供たちの
悲痛な叫びに呼応するよう別次元から集いし3人のウルトラマン。
バット星人の作りし滅亡の邪神ハイパーゼットンとの戦いを描いた
映画「ウルトラマンサーガ」公開に合わせ、
久々に「プレイヒーローVS ウルトラマン対決セット」が登場。 

全5種類(フギュア全10体)のうち1つは、
ウルトラマンサーガのイントロダクション的要素を持つ
「ウルトラマンゼロ外伝 キラー ザ ビートスター」より。
新キャラクターのジャンナインとビートスターがラインナップ。



「ウルトラマン対決セット ウルトラマンサーガ降臨編」。
ウルトラマンを外した今回のラインナップ。
バット星人以外の復活組をすべて網羅。
アーストロンは過去に発売されていたらしいけれど(未確認)、
ゴメス、グビラは「ウルトラマンソフビ道」を含め初登場!
無理は承知だけれどウルトラマン登場怪獣のミニソフビ化を
密かに願っている自分にグビラ登場は本当に嬉しい。
ハイパーゼットンは角が抜けていないため
シルエットの印象が異なるがスタンダードサイズソフビ
「ウルトラ怪獣シリーズ」でも抜けていないので仕方ない。

この記事内でジャンキラー扱いをしてきたが
商品はジャンナイン。怪獣好きって事はもちろんだけど、
劇中でジャンキラーとしての登場場面がメイン。
せっかく正義の味方に改心したと言うのに…スマン。
0

    コメント
    対決セットは、ウルトラ怪獣ミニソフビ(ソフビ道)の補完と言う側面があり重要。今回、その意味でもゴメス・グビラが出たのは嬉しい事。次はアボラスあたりが希望。バニラが出てるので。でも、新作映画登場がないと難しいみたい。
    • tirusonia
    • 2012/07/01 7:06 AM
    tirusoniaさまコメントありがとうございます。怪獣のラインナップを増やすには「大怪獣バトル」の復活を願うのみ!最近はウルトラに併合されてしまいオールド怪獣登場の機会が俄然減ってきました…。アボラス自分も欲しいです。
    • マサユキ
    • 2012/07/02 9:43 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM