「勝手にしやがれ」byゴジラ1964

JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの趣味
5千年もの昔に金星の文明を一日にして滅亡させた宇宙超怪獣キングギドラ。
黒部峡谷に落下した隕石より出現し、マッハ3の飛行速度で日本中を破壊する。
なす術も無くキングギドラの脅威に脅えている人類に対し、
インファント島より来日していた小美人よりモスラが協力すると申し出があった。
ただしそれには条件が…
強敵キングギドラを倒すにはゴジラとラドンの助けが必要だと。
その交渉にもモスラがあたる事となる。

富士の裾野にて大決闘中の二匹を仲裁し、
「争いをやめてみんなで力を合わせて
地球をキングギドラの暴力から守ろう」
と訴えかけるモスラ。
しかしゴジラは答える「俺たちの知ったことか、勝手にしやがれ」

モスラの呼びかけも空しく「お前が謝れ」と小競り合いを続ける二匹。
説得をあきらめて単身キングギドラへと立ち向かうモスラ。
引力光線に何度も弾き飛ばされながらも挑んで行く姿に、
頑ななゴジラとラドンの心も次第に動かされてゆく。

キャスト社製「地球最大の大怪獣サミット」シリーズ。
ラストは「怪獣王ゴジラ1964 お座りver.」
モスラに説得されてる最中の座ったポーズのゴジラフィギュアだ。
なんでもスーツを着たまま撮影の合間に
休憩しているゴジラの姿を見た円谷英二監督が
そのポーズをいたく気に入り本番で使う事にしたらしい。
前作「モスラ対ゴジラ」では完全なる悪役だったゴジラも
この演出でどこか憎めない存在へと変わっていった。
こうしたゴジラの擬人化には賛否両論の声が当時からあったらしい。
「東宝チャンピオンまつり」世代としてはあまり気にしない(笑)。

最後にもう一度「地球最大の大怪獣サミット」全景。
確かにデカイ。同シリーズの「ゴジラVSビオランテ」を凌ぐ。
個々に飾れば場所的にも問題は少ないが、
眺めているだけで劇中の世界観にドップリ嵌れるこの状態で並べたい。 
余談だがキャスト社ではさらに大きなジオラマ計画を発進させた。
「怪獣総進撃」の怪獣が一堂に会した有名なスチール写真の立体化。
スタートしたばかりなので勇気ある方はチャレンジしてみては?

地球最大の決戦を終えたゴジラ氏のコメントで記事を終えたい。
「宇宙にはまったくおそろしいヤツがいるもんだ。ちょっとくやしいが、
今回は、モスラとラドンがいなかったら、オレも危なかったかもしれない。
まあ、あの二匹とはしばらく休戦だな。」
ケイブンシャ刊「ゴジラ大決戦大百科」より。
0

    コメント
    最近のキャストは、大型ジオラマに力が入ってますね。座りゴジラの商品化なんか、この企画がなければ無理。「怪獣総進撃」のBIGプランは、完成したら偉業。(~_~;)
    • tirusonia
    • 2012/05/26 5:22 PM
    tirusoniaさま毎回コメントを頂きありがとうございます。「怪獣総進撃」の方もただ今チャレンジ中です。早くも第2弾のあとインターバルだとか…。手作り製品なので仕方なくもあるのでしょううが、結構ドキドキです。でも好きなので結局購入してしまいます(^^;)。
    • マサユキ
    • 2012/05/28 12:04 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM