キャスト de モスラ 〜The・エゴシネーター 

JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの趣味

どうやら怪獣にも「情」ってものがあるようだ。
5000年もの昔に金星の文化と科学を破壊し尽くした、
宇宙超怪獣キングギドラが隕石とともに地球に飛来した。
口より引力光線を吐き空から日本を破壊するギドラに対し、
人類の為にモスラが力を貸そうと名乗りを挙げてくれる。
さすがは静之浦生まれの純日本産!
仲介かつ通訳インファント島の小美人によれば
ギドラを倒すためにはモスラだけでは力が及ばないので、
ゴジラとラドンの協力の必要性と、
その交渉役としてモスラがあたると伝えてくれたのだが…。

「この地球は人間だけのものではない。みんなのものだ。
その地球を守るために戦うのは当たり前ではないか」
ゴジラ、ラドンの決闘を仲裁し説得を試みたものの
なかなか交渉に応じようとしない二匹を見限り
単身キングギドラへと立ち向かって行くモスラ。
引力光線に弾き飛ばされ、なお向かって行く姿に
意地を張っていたゴジラとラドンの心も動かされていく…。

そんなけな気な「地球最大の決戦」登場の幼虫が
キャスト社から発売されたのが去年のこと。
「ゴジラ特撮大百科 モスラ1964」だ。
商品は同作登場の「ラドン1964」とのセット販売。
モスラに会いたいチビッコに小美人がテレパシーで見せた
インファント島の祭壇をモチーフにしたベースが付属していた。

そして最大の見せ場がこれ!
別売りの「ゴジラ1964」と特別なベースのセットを購入すると
件のモスラの交渉シーンが再現できる仕組み。
(「地球最大の大怪獣サミット」という商品名あり)
劇中ではゴジラ、ラドンとモスラの乗った岩場の距離がさらに離れているので
こだわる方はズズイ〜ッと離して欲しいと解説書にはあった。
モスラの岩からゴジラの尾の先端までは30cm以上あるので
そこまでしなくとも十分過ぎるほど迫力あるジオラマが楽しめる。
上から2枚目の画像の通り
モスラの腹部も結構細かく作られていた。


 
0

    コメント
    「地球最大の大怪獣サミット」買われたのですね。私はラドン・モスラのSETだけ購入。小美人が怪獣語を通訳してた名場面。モスラが高い位置から、ゴジラとラドンを説得してたのが、これでよく分かります。置き場所があったら買ったかも。(~_~;)
    • tirusonia
    • 2012/05/03 8:57 AM
    tirusoniaさまコメントありがとうございます。記事を書くにあたりDVDを久しぶりに観たのですがやっぱり面白い場面でした。先輩のファンの方々には賛否両論らしいですが既にゴジラが擬人化されていた世代ですので迷う事無く楽しめます。モスラの乗った岩はフィギュア以上にみっちり素材の塊り。ちょつとした危険ブツです(^^)
    • マサユキ
    • 2012/05/03 9:29 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM