不滅のゴジラ心臓

JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの趣味

横浜港を舞台にゴジラと防衛軍の攻防が展開。
が、護国聖獣の力も及ばぬゴジラの前に
大打撃を受けてしまった。

戦いに敗れた最珠羅(モスラ)のエネルギーを吸収して
復活を果たした魏怒羅(ギドラ)=キングギドラの攻撃により
傷を負い海中へと逃れたゴジラ。

ゴジラの皮膚に傷も付けられなかった「D-03」削岩弾だが
この傷口に命中させればゴジラを倒せると
立花泰三准将と広瀬裕中佐はそれぞれ
特殊潜航艇「さつま」に「D-03」を装填し最後の戦いに挑む。

傷口を目掛け広瀬中佐の放った「D-03」は
寸でのところでゴジラに回避され失敗(事もあろうかギドラに着弾!)
残るは立花准将のただ一発のみ!
確実に仕留める為に内部へと直接攻撃を仕掛けるべく
准将は「さつま」ごと口からゴジラの体内への突入を試みる!!
 
前回に引き続き「特撮大百科」版GMKゴジラ。
まだイワクラ時代に「地球防衛軍秘密基地本部」限定販売として
リリースされた「特撮大百科COMPLETE ゴジラ2001断末魔ver.」

「さつま」を呑み込んだまま海上に姿を現したゴジラ。
と、肩の傷口から「D-03」が飛び出す。
立花准将が命を賭してゴジラの体内で放った最後の一発だ。
怒りの放射能熱線を放とうとした瞬間、傷口より熱線が噴出。
止める術も無く海上でのたうつゴジラ。

そんな場面を再現したこのフィギュア。
ゴジラは傾いているけど噴出す熱線はほぼ垂直。
これが以外に背が高い。
リリース当時は大きな「特撮大百科」が無い時代。
飾るときにメインで使っていた百均の200円フィギュアケースに
納まらずソフビなどの足元を転々としていた。
今や「特撮大百科」も大型化が進みケースも多種扱うようになったので
安住の地に納まっている(むしろ小さい方になりつつある)。

そしてこれが「ゴジラ対防衛空軍」に同梱されていた
「不滅のゴジラ心臓」。
「ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃」劇中、
ゴジラが倒れ大団円で終わるかのかと思いきや
どっこいラストで海中で鼓動をうっている。

「M宇宙ハンター星雲人」や「ショツキラス」などの
良く分からないけど集めてしまう「特撮大百科」
ヘビーユーザー向けの新キャラ(?)だろう。

猛暑猛暑でへバリ気味の昨今、
炭火でジュツと焼いて食べたらスタミナ付きそう。
なにせ「不滅」ですぜ(^^)
0

    コメント
    へー、こんなフィギュアが出てたんですね。劇中の場面はよく覚えてます。まさかの傷口から熱線が漏れ噴出す展開に驚き。ゴジラの心臓は最高のハツでしょうね。でもこれってフランケンシュタイン(~_~;)
    • tirusonia
    • 2010/07/31 1:19 PM
    tirusoniaさまコメントありがとうございます。
    平成ゴジラとの戦いはドローで終わる感が強いですがこの映画では見事なまでにゴジラをやっつけましたよね。怨念が宿ると細胞が増殖するのか、それとも身体が出来上がるのか?見てみたい気もします。
    • マサユキ
    • 2010/08/01 9:18 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2014/10/04 11:09 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2014/10/06 10:43 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM