驚くなよ! 落ちた隕石から怪物が飛び出した!!

JUGEMテーマ:趣味

JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

イメージ

遡って考えてみると「ウルトラQ」の怪獣たちとは、

テレビの中より雑誌や図鑑の写真の方に馴染があった。

そのため動きや声がどんなものかを知る由も無く、

記事を読んでは想像を膨らませていた。

 

その中でも異彩を放っていたのが隕石怪獣ガラモン

壊れたダム越しにこちらをジ〜っと見つめる有名な写真は

ヒトの顔のようでもあり子供心にある種の怖さも感じていた。

しかもロボット!。 ロボットと言えば角々としたイメージしか

持ち合わせていない自分にはピンとこなかったものだ。

 

かなり経って初めてウルトラQ第13話「ガラダマ」を見る。

巨大な隕石が割れ、ガラモンが背のヒレを振るわせて出現。

閉じていた目をパッと見開くと弾むように歩き出す。

足音は金属音。時おり発する音は咆哮かそれとも

身体中のヒレを振るわせて起こる摩擦音なのか?

行動ははしゃぎ回る子供の様で意味がわからない。

自分の想像を遥かに超えたキャラクターにすっかり心を奪われた。

ロボットのイメージを覆すロボット怪獣をこんな初期から

送りつけてくるとは制作スタッフの創造力は侵略者以上だ。

 

ガラダマをブログのタイトルにお借りしている割には

あまり紹介する機会の無かったガラモンのフィギュアを一部紹介。

   リアルマスター 

   リアルマスター

リアルマスター

「大怪獣シリーズ リアル・マスター・コレクション 総天然色ウルトラQ」

エクスプラス製で素材はなんとポリストーン。

デリケートなパートが多く取り扱いには神経を使う。

上段のダムベースは「少年リック限定版」で隕石ベースが

一般流通版だった。ガラモン自体は両方とも同じ。

    大怪獣シリーズ

  大怪獣シリーズ

同じくエクスプラスの「大怪獣シリーズ ウルトラQ」

スーパーフェスティバル67での限定品「グリーンver.」。

シリーズ初期のガラモンが胸にマークの「逆襲」版との事で

「ガラダマ」版としてサイズも大きめに新規造形されたもの。

ノーマル版はもちろん赤い。

    CCP

  CCP

CCP製「1/6特撮シリーズ」

ヒレの感じ、身体のフォルムがメーカーによって特徴がある。

とても大きな箱で配送されてきて驚いた。中にはガラモンに

合わせた箱とダムのソフビ(!)が入っていた。

    Pジャパン

Pジャパン Pジャパン

持っている中で最大級。30僖汽ぅ困離ラモン。

プレジデントジャパン製。

届いた時には似てないなぁ…と思ったもんだけど

当時の写真の中には確かにこんな風貌に見えるものもある。

造形する方がどの写真を中心にテキストとするかで

完成品の雰囲気もそれぞれの持ち味になるのだろう。

劇中には無いけど首を傾げたポーズにすると可愛い。

ウルトラ怪獣名鑑 ウルトラ怪獣名鑑 

      ウルトラ怪獣名鑑

最後に小さいながら我が家では最新のガラモン。

「ウルトラ怪獣名鑑 新たなる挑戦編」より。

以前シークレットアイテムとして存在していたが

どうしても高値を出す気が…。

時が流れて新規造形で再登場してくれた♪。

卓上サイズでこの完成度、この価格。もう十分。

 

ウルトラを代表する名怪獣。

今後も続々と新たなフィギュアが登場するだろう。

高額商品を射抜ける矢は既に尽きている。

温かく見守って行こう。

 

今回も長文にお付き合い頂き感謝します。      

 

 

0

    その姿は優しく美しく - 原始怪鳥リトラ

    JUGEMテーマ:趣味

    JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

    イメージ

     

    舞台は東海弾丸道路トンネル工事現場。

    掘削工事中に作業員が大きな洞窟に出くわす。

    そこで恐ろしく、でっけえ生物を見たと証言(後にゴメスと判明)。

    同じ場所から発見される多面体の石の塊…。

     

    ウルトラQ第1話「ゴメスを倒せ!」

    登場するのは原始怪鳥リトラ。学名リトラリア。

    鳥類と爬虫類の中間生物。口から出す溶解液、

    シトロネラ酸(アシッド)が武器だ。

     

    本エピソードは工事現場に出入りしている古生物学好きの少年、

    次郎くんが事件を収束へと導いてく。

    多面体の石はリトラのサナギだとする彼の推理は

    やがて確信となり行動がリトラの孵化に成功させる。

    地表に現れ暴力を振るう天敵ゴメスに向かうリトラ。

    傷つき応戦し、シトロネラ酸を浴びせついにゴメスを倒す。

    しかし、力尽き自らも落命するリトラ。

    喜びから一転、思い遣る次郎。

    「ゴメスを倒せ!」の主人公はレギュラー陣で無く、

    自分の知識で一念を貫いた次郎少年と

    蘇った原始怪鳥リトラの不思議な縁の物語だ。

     

    ここからフィギュアを紹介。

    実は手持ちの数は少ない…。

    頭部の羽と尾羽の再現が難しい所だろう。

       HG

    冒頭の画像で使用したガシャポンHGシリーズ

    「円谷英二セレクション」より。

    「総天然色ウルトラQ」など存在しない時代、

    イメージ配色だろうが結構いいセンいっているのでは?

    数少ないカラー版商品のひとつ。

     

    怪獣名鑑 怪獣名鑑

       怪獣名鑑

    最近の商品で「ウルトラ怪獣名鑑 希望の轍編」より。

    ご覧の通り本当〜に小さいリトラ。

    鶏冠、鱗、尾羽の造形が細かい。顔も凛々しくリトラっぽい。

     

    HG HG

    後年、ゴメス同様リトラも「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」

    にて復活。全長は15m、主人公レイオニクス(怪獣使い)・レイの

    使役するリトラ(S)

    フルCGを利にレイを背に乗せ縦横無尽に大空を飛び回る。

    オリジナル同様シトロネラ酸が武器だ。

    こちらは「HGウルトラ大怪獣バトルスペシャル5」より。

     

    対決セット

    食玩ソフビ「プレイヒーローギャラクシー

    ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」より。

    色彩豊かなイメージだったリトラだけど、

    CGの製作上難しいのか(S)の体色はグレー。

     

    対決セット

    だが、最強攻撃形態としてより鮮やかな

    ファイヤーリトラに変身。

    全身を炎に包み敵に突撃をする。

    こちらも「プレイヒーローギャラクシー

    ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」より。

     

    今回も長文にお付き合い頂き感謝!                

    0

      太古からの目覚め〜古代怪獣ゴメス

      JUGEMテーマ:趣味

      JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

      イメージ

      ウルトラQ第1話「ゴメスを倒せ!」

      初めて見られたのは随分と経ってから。

      現在のように再放送の予定を事前に知る術はなく、

      DVDはおろかビデオさえ無かった。

      「TVでやってるぞ!」と級友に聞かされた時には既に、

      2、3話は放送された後だったりした。

      登場するのは古代怪獣ゴメス。学名ゴメテウス。

      冬眠状態にあった古代哺乳類が目覚めたものだ。

       

      冒頭、工事中のトンネル入口にカメラが寄って行くと

      TV画面が真黒になり、次に闇でギョロギョロと動く

      ゴメスの目のアップ! 衝撃的でモノクロ画面の効果大‼

      タイトルバックで身体を部分的に映していく。

      後に劇中で判明するが身長は10メートルくらいだ。

       

      そんなゴメスのフィギュアを紹介。

      劇中のゴメスは頭部に毛の生えている部分があり、

      特に眉毛(?)は立派で顔の特徴を印象付けている。

      各フィギュア、工夫して造形をされているが…果たして。

      大怪獣シリーズ 大怪獣シリーズ

      上段の画像でも使用したエクスプラスの「大怪獣シリーズ ウルトラQ」

      子供の頃の怪獣図鑑では目にする写真が限られていて、

      後々、ゴジラの改造と教えられた時には驚いた。

      フィギュアを横から眺めてもゴジラっぽさを感じさせない。

      こちらは「超限定BOX」のセピアカラー版。

       

      江戸川事件簿 江戸川事件簿

      同じくエクスプラス。「大怪獣シリーズ 毎日新報 江戸川事件簿」

      通常のシリーズよりひと回り小さい。集め易いサイズだけど

      このゴメスとペギラの後は続かなかった…。

       

      HGシリーズ ブルマァク魂

      ここからガシャポンのミニサイズ。

      「HG 円谷英二セレクション」(左)と「ブルマァク魂」

      赤い目とメタリックブルーなボディのゴメス。

      モノクロ画面から起こしたこの色彩センス! 素晴らしい‼

      後年「ウルトラ大怪獣バトルNEO」に「ゴメス(S)」として

      再登場した際はこんな青い体色をしていた。

       

      怪獣名鑑 怪獣名鑑

      この記事では一番新しい商品。

      「ウルトラ怪獣名鑑 希望の轍編」より「ゴメスを倒せ!」

      タイトルバックで天敵リトラのサナギを自ら掘り起こしたゴメス。

      孵化する前、完全に息の根を止めておくつもりだったのか?

      (だとしたら偶然邪魔をしたアル中の現場作業員は

      超ファインプレーをしたことに!?)。

      このリトラ、すごく小さくて無くしそう…。

       

      ウルトラ怪獣シリーズX 対決セット

      こちらは近年ウルトラシリーズで復活再登場したゴメス(S)。

      ウルトラマンと戦うため身長設定も40メートルに。

      別個体ということで(S)が付くらしい。

      時の流れで着ぐるみも動きやすい素材になったのか、

      本家とプロポーションが違って見える。

      「ウルトラマンサーガ」以降は「NEO」の時とは違い、

      緑系の体色に寄せられている。

      左は「ウルトラ怪獣シリーズX 09」

      右は「ウルトラマン対決セット ウルトラマンサーガ降臨編」より。

       

      今回も長文にお付き合い頂き感謝。              

      0

        温暖化にご立腹? 冷凍怪獣ペギラ

        JUGEMテーマ:趣味

        JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

        イメージ

        ウルトラQ第5話「ペギラが来た!」に登場する冷凍怪獣ペギラ

        その生態および行動には謎が多い。

         

        飛行する際には黒い煙を全身にまとう。

        これが身体から発するガス状の気体なのか、

        それは演出上で実は白い冷気を吐きながら飛んでいるのか。

         

        南極基地へ現れるのも縄張りを荒らされる事に対する

        警告の為か。しかし越冬隊員に存在が認知されていない…。

        探索に出て落命した野村隊員が一人気づいたくらいか。

         

        そしてペギラが苦手とする「ぺギミンH」。

        苔から抽出される成分。

        味、香、それともアレルギー?

        40mもの巨体が避けて通る、余程の理由が。

        手持ちの怪獣図鑑にはペンギンの突然変異とあるが、

        苔を苦手とするペンギンが存在するか否かは知らない。

        浴びせられたペギラはその場を去っただけで

        残された越冬隊員たちの安全の確保はなっていない。

         

        今回は単体のフィギュアを中心に。

           CCP

        CCP「1/6特撮シリーズ 冷凍怪獣ペギラ」

        ゴジラやバルタンでは無くペギラの30僖汽ぅ!

        しかもリアルタイプ‼

        良い時代になったと購入時に思った。

        写真は「総天然色ウルトラQ リターンズ」展での限定版。

         

            大怪獣シリーズ

        エクスプラスの「大怪獣シリーズ ウルトラQ」より。

        トップ画像にも使用したセピアカラー版。

         

        江戸川事件簿 江戸川事件簿

        同じくエクスプラスから発売された

        「大怪獣シリーズ 毎日新報 江戸川事件簿」のペギラ。

        上の大怪獣シリーズ(約22)よりひと回り小さい15僖汽ぅ。

        思えばこのサイズがスタンダードであったなら収集し易かったかも。

         

        HGウルトラマン ブルマァク魂

        左、「HGウルトラマン Part16 ペギラが来た編」より。

        右はガシャポン「ブルマァク魂」の第1弾のうち。

        比べてみるとマルサンソフビのペギラって

        良く特徴を捉えていたんだと確認できる。

         

        末尾にどうでもいい話。

        劇中で野村隊員と共に行方不明になっていた犬。

        隊長はサブローと声を掛けていたが

        主役の万城目と久原隊員はサブと呼んでいた。

        タロ、ジロとくればお次はサブローだと思うのだけど、

        さて本名は?

         

        今回も長文にお付き合いいただき感謝。               

         

        0

          午前3時… …また聞いた… …ペギラ?…

          JUGEMテーマ:趣味

          JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

          イメージ

          ウルトラQ第5話「ペギラが来た!」

          人気のある冷凍怪獣ペギラの登場回だ。

           

          幼い頃ウルトラQを見ることはとても困難だった。

          TVは全てカラー放送の時代で再放送の望みは薄。

          ディスクはおろかビデオさえ市販されていない。

          せめてもと求めたのが音声。

          「サウンド・ウルトラマン」というドラマ音源を集めた

          LPレコードを粘って買ってもらった。

          その中の一編として「ペギラが来た!」も収録。

          鳴声、効果音それにBGMとドラマの雰囲気をわずかでも

          掴み取るべく真剣に聞き入っていた。

          だが、見た事のあるドラマを音声で脳内再現するのは容易いが

          逆は辛い。本などの写真や解説を総動員して画面を空想。

          ある意味演出家でもあったのだ。

           

          今回は「ペギラが来た!」を題材にしたフィギュアを紹介。

              ウルトラ怪獣名鑑戯画

          バンダイ「ウルトラ怪獣名鑑戯画」より「ペギラが来た!」

          コレクションする際、ウルトラQアイテムの有無で価格が

          全く違いあえて避けていたのだが、これは混入率が高く

          買った方が得だとショップ店長に勧められた。

          ベースの奥行きを利用した戯画ならではの構成。

           

               アートワークスコレクション

          メガハウス「アートワークスコレクション ウルトラQ/ウルトラマン3rd」

          イラストレーター開田裕治さんのLDジャケットをフィギュア化した、

          「ペギラが来た」。翼の表現などがこの商品の企画ならでは。

           

             タイムスリップグリコ

          「新タイムスリップグリコ」より「ペギラが来た」

          独特な解釈でペギラを造形。着ぐるみっぽさを無くしている。

          アートワークス版もそうだが極地観測船「鷹丸」とペギラの

          直接的な絡みは劇中登場しない。

          この様な展開になったら主人公の万城目淳は冒頭で…

           

          後に深夜再放送され、冷気を吐きながら暴れるペギラを見る。

          頭の中のペギラ像との答え合わせが楽しく、

          眠たげな眼を煌々と光らせ翼で雪を舞い上げ迫る姿。

          子供の演出力をはるかに上回る迫力だった。

           

               最期に上記のペギラのみの写真を。

             ウルトラ怪獣名鑑戯画 

          アートワークスコレクション タイムスリップグリコ

           

          今回も長文にお付き合い頂き感謝。          

           

           

          0

            | 1/5PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << July 2020 >>

            profile

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM